FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★楯野川

築地移転の延期が発表されたが、移転先の安全性は延期程度で解決できるのだろうか?と素人ながら気になっている真夜中だが、そんなことはさておき。

築地と言えば魚、魚と言えば寿司になるのだが、事務所近くにあったお寿司屋さんが昨日でいきなり閉店した。店長、スタッフたちとも、ことあるごとに使っていたので残念だ。近くだし、充分美味しいのにそんなに高くもなく、食べた後は二階のバーにも行けるので、最高のお店だったのだ。

営業不振ではなく、後継者育成が出来なかった為、17年続けていた大将ひとりでは体がついて来なくなったからやむなく閉店、と聞いた。料理人の世界もなかなか修行について来れるような若者が減ってきているようだ。

先日会った美容師さん(48)も同じようなことを言っていた。「最近の若いモノは…」という言葉を出すような年齢になったのかもしれないが、ホントは言いたくない言葉ではある。

世代間ギャップは別に今に始まった事ではなく、ずっと昔からあったハズ。結果的に誰も残せなかったら、お店は消えていく運命ならば、どうしたら残せるか、を先輩から歩み寄って考えていく姿勢も大事じゃないのか、とその美容師さんとは話したのだが、そこはそれぞれの考えがあるので強制は出来ない。

特に「食」については守るべき味が残せなければ、お店はその代限りで良い、という職人魂も必要だろうし、女性にとって妥協できない美容という職種についても同じかも知れない。

さて、いつもこんな時には自分の職種について考察するクセがある私なのだが。私の職種の場合は接客における理念さえ守ってもらえれば、好きにしてもらって良い、とはっきりスタッフには言っているので、スタッフが残る確率は、飲食店などに比べると格段に高いハズ。なのに何でだろう、と最後の営業日にお寿司屋さんに行き、大将と酒飲みながら思ったので、今日はこんなクダクダな感じで。
盾の川
★池袋おかあさんホームページ
★新宿おかあさんホームページ
★横浜おかあさんホームページ
★マダム新宿ホームページ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。