FC2ブログ

ブログ更新

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

★白い恐怖

今日は8時50分に近くの病院で健康診断を受けた。

仕事の日よりも早起きするなんてゴルフくらいなので、眠気まなこで受付した後は、良くある普通の流れの計測を受けた。

とどこおりなく進み、最後に胃のレントゲンを撮って良し終わり!と思っていたら女医さんが(熟女では無かったので無反応)バリウムを飲んで下さい、と白い紙コップを持ってきたのでホントにたまげた。

普通はちゃんと事前に分かっているべきことなのだろうが、私はこと健康診断に対しては覚悟を決めてからもその日まで無視し続けるタイプ。

今回の検診も経理担当のアキラに言われてからもずっとスルーしていたら、ある日「シャチョ、私が予約しておきましたのでこの日に行って下さい」と女看守のごとく指令されたので素直に従ったようなものだ。

ま、それはさておき、私はバリウムとトマトが口に入れるモノの中で一番キライだ。ホントはミカンもチーズもオクラもキライだが、もう還暦の尻尾もそろそろ踏みそうな大人なので2つだけにしておきたい。

で、バリウムだ。それでなくともリバースしそうなバリウムなのに、発泡剤を飲んでゲップをガマンしなくてはならないというのはホントに苦痛だ。涙目になりつつなんとかしのいで、やっと帰れる嬉しさでさっさと窓口で清算していたら(ウチなら即採用レベルの)受付の熟女に「では、この下剤をすぐ飲んで下さい。お水もたくさんお願いします。」と優しく言われたのですぐに服用した。

長い。。
ホントは今日午後に体調(主にお腹)が悪くなり統括にお願いして休ませ貰ったのだ。ということを書こうと思っただけなのに、やはり長い。

大人な内容にしようと思うほど、子供な内容になってしまうのも、根っからのアマちゃん体質だろうし、多分これはおかあさんで仕事する上で少しは必要な部分ではないだろうか、と自己弁護しつつ今日はここまで。

★次回はちゃんと重い内容で更新予定。

ダイジョウブ
現在、下記リンク店舗では女性アンケート1件投稿につき義援金500円を貯めております
★池袋おかあさんホームページ
★新宿おかあさんホームページ
★横浜おかあさんホームページ
★マダム新宿ホームページ

★Waiting in vain

つい先日、業界歴20年以上のある40代女性(おかあさんグループ在籍ではない)と食事をしながら話す機会があった。

20年以上前というとまだ新風営法施行前。店舗型が中心で女性も月に100は稼げる可能性が充分あった時代だったそうだ。その女性(Aさんとしよう)もソープから始まり、その後は日本一の歓楽街で箱ヘル勤務。30になるまでは余裕で100をクリアできる月がほとんどだったとか。御多分に漏れずAさんもブランド物で身を固め、ホストに旅行、と女ざかりを謳歌していたという。

が、デリ主流になった昨今、どのお店にもなかなか腰が据えられずお店を転々とするようになった。私の見る限り、Aさんは容姿スタイルは充分及第点、いやむしろ売れる可能性が高い、と思うのだが何故なのかな、と思って聞いてみると、やはり稼ぎ続けられないとのこと。が、金額を聞いてみると「それだけ稼げれば充分じゃないの?」と思うのだ。結局、過去の自分の出来高が基準となってしまっていて「私はこんなものじゃない、もっと稼げるハズ」という考えが捨てきれていないのだろう、と思ったのだ。

箱出身の女性は時間いっぱいサービスをするという考えが身についているし、テクニック面でも信頼できる。店舗型においては、運営側の女性に対するサービス管理は徹底しているからだ。女性も店舗という「お店側」の中で接客をすることになるので、つねに少なからずの緊張感を持つことになる。シビアに指名数によりランク付けもされるので、お客様評価をいつも気にしながら仕事をしないとダメだ。本番行為についても厳しくしているお店が多い。なので私は箱出身女性が面接に来てくれた時は、その点では(どのお店にいたか、にもよるが)まず安心し、そこを認めた上でデリヘルに必要な自然体、自然な空気の中での接客をどうするか、と話すようにしている。

この「自然体で」という部分が最も難しい。箱の経験が無く初めからデリでこの業界に入った女性に比べ、箱での指導がすでに身についている女性の場合はどうしても実際のサービス重視でアレコレと詰め込んでしまう傾向が強いからではないか、と思う。過去、箱出身のベテラン女性に入店してもらったことも多いが、半分以上の女性はなかなか目が出なかった。が、これはお店の売り方にも問題があっただろう。おかあさんに来て下さるお客様で「実際のサービス重視」される方におススメするようにしてみても、「良かったよ」という評価をいただいてもなかなかリピートが増えなかった。実際に会ってみたり、電話で聞き取りをしてみると、「確かにサービスタップリだったけど、ま、1回で良いかな」という答えだった。

デリヘルご利用のお客様の中には、箱のようにヌクための「サービス」を重視される方と、そこまでプロに徹したサービスでなくて良いので気持ち的な部分、ありきたりだが「癒し」のサービスを求める方がおられると思う。もちろん両方あれば最高かもしれない。が、よく考えればしっかりとしたヌキのサービス重視なら箱に行けば確実だ。

おかあさん、ではデリヘルに必要なその気持ちの部分での接客を最初から重視してきたつもり。もちろんハナからヌキのサービスを軽視し、女性が単に楽をすれば自然体だ、という気はない。最低限の(どの女性でもできるはずの)サービスは全員にお願いしているが、そのサービスの標準が最低ラインだからこそできる、気持ちを伝えるサービスを考えて欲しい、と具体的なことも話しながらサービス指導をしている。

最初に書いたAさんは、結局現在努めているお店ももうすぐ辞めて、また次のお店を探しているという。「それだけ素晴らしい雰囲気を持っているのだから、自分の女性としての気持ちを少しでも素直に出せるようなサービスをのお店に行ってみては?」と話した。箱出身でも上手くデリで稼いでいる女性もたくさんいるし、箱出身女性がダメだ、という偏見もない。ただ最初に身につけた自分のサービスに対する考えが、デリヘルで稼ぐためにもしも何かしらの障害になっているのだとしたら、それを消す必要はないが、一度捨て去ってみる、くらいの必要はあるのかも知れない。多分それでも身に付いた動作は勝手についてくるだろうし、クサい言葉だがココロの接客を念頭に置いて頑張れば、Aさんなら必ずずっとひとつのお店でお客様を掴み続けられるだろう、と話したのだった。

少しはアドバイスになっただろうか…と2日たって心配になったので、今日はこんな感じで更新。
wai.jpg
【池袋おかあさんホームページはこちら】
【おかあさん求人の詳細ページはこちら】
【スタッフ達のTwitterはこちら】
【おかあさんたちのブログはこちら】

★新宿おかあさんホームページ
★新宿スタッフAブログはコチラ
★新宿スタッフオオツカブログはコチラ
★シャチョブログはコチラ

★秋の気配

2001年から年末に放送されている、ある音楽番組がある。昨日はその第1回目のメイキングを引っ張り出して観た。

2001年の第1回目の放送では、他のアーティストの曲をホストであるベテランアーティストが一人で歌うだけ。「番組で一緒に歌ってもらえませんか」とその曲を歌っているアーティストに手紙を出したのだが全員に断られたのだ。しかし。それからジワジワと番組に参加してくれるアーティストが増え続け、今ではすっかり年末の定番番組として定着し、昨年まで計14回放送されている。初期のようにそのホストアーティスト主体の番組の色は薄くなってしまった感がありファンとしてはちょっと寂しい気もしているが、彼を慕う若手から大御所アーティストが参加して、楽しそうに一緒に歌っている姿を観ているだけでも満足だ。

業界的にはキャリアも評価もあるベテランアーティストが、50を過ぎて始めた番組の成長を毎年楽しみにしているウチに14年。そのアーティストの曲だけでなく、生き方や仕事に対する姿勢にもすっかり心酔してしまい、曲だけを聴いていた頃よりもっと熱は上がった。もともとは偏屈でテレビになど絶対に出なかった人が、年齢を重ねて人の輪の中心になってテレビ画面上でにこやかにしているのを観ていると、まったくおこがましい話ではあるが、人の変化、成長という部分で少しでも学ばせてもらえるところは無いだろうか、と思ってしまうのも、これから50になろうかというオッサンにとっては自然なことだろう。

今日はそのアーティストの68歳の誕生日。今夜は初期作品から最新作までゆっくりと堪能しながら飲もうと思っているのだ。(9.20記)
秋
【池袋おかあさんホームページはこちら】
【おかあさん求人の詳細ページはこちら】
【スタッフ達のTwitterはこちら】
【おかあさんたちのブログはこちら】

★新宿おかあさんホームページ
★新宿スタッフAブログはコチラ
★新宿スタッフオオツカブログはコチラ
★シャチョブログはコチラ


★EYE IN THE SKY

先日の統括ブログにあったが「仕事に行った女性が帰ってこない!」という場合は本当に肝を冷やす。今まで数回そんなことがあったが「道に迷っていた」「友達から電話がかかってしまって長電話していた」「事務所に帰らず直に待機に戻って休んでいた」といったケースがほとんど。が、6年間で2回、トラブルケースもあったのだ。

入店時に必ず全女性には危機管理として「性感染症」「強姦」「薬物」に対しての説明をしている。薬物に関しては数年前になるが被害にあった女性がいた。(シャワーを止めにいった隙にグラスに睡眠薬を入れられていた)それ以降、お客様からの差し入れには安易に口を付けない、例え目の前で開封した飲み物でもシャワーなどで席を離れる場合は気を付けるようにと指導している。「飲み物を女性が買っていく」というのはお客様に対してのサービスだけでなく自己防衛にもなるのだ。お客様のご厚意を疑うようなことはしたくないが、実際に被害に会ったケースがある以上、運営側も女性には話しておく義務があると思っている。

密室内での接客になるので、慣れていない女性はもちろん、ベテランの方でも一切不安を感じない、という方は少ないと思う。だが余りに警戒心ばかりを持っていてはお客様にもご満足いただけるような接客は出来ない。何かあった時はどう対応すれば良いか、をしっかりと伝えているかどうかで、少しでもお客様の前では自然体で接客して欲しいと思うし、過度にびくびくしていると余計にキツい目に合う可能性も上がると思う。

女性の身体を守りたいと思っていても、結局最後は個々の女性次第。私たちが事務所で出来るのはお客様にちゃんと遊んでいただくようお願いし、猜疑心は持ちたくは無いが危険性を感じるお客様に対してはそれなりの対応をしていくことしか出来ない。数年前に非通知・公衆電話受付を止めたのもその理由からだ。少しでもお客様がちゃんと遊びたくなるような雰囲気&接客姿勢を感じる女性になってもらいたいし、男としては「お金払っているんだから何してもよいだろう」という傲慢な遊び方をするのではなく生身の女性への紳士的な遊び方をお客様にはお願いしたいとずっと思っている。

私もずっと風俗を利用してきて、遊び方を女性達から教えてもらった経験から、段々と「遊んで良かったな」と思える女性に逢える確率が上がってきたと思う。お客様の遊び方ひとつで女性のサービスは変動する、と思いたいのもその経験からなのだがどうだろうか。。

ARANN.jpg

【池袋おかあさんのホームページ】
【池袋おかあさんの求人はこちら】
【お店発信のTwitterはこちら】
【池袋おかあさん店長のブログ】

★新宿おかあさんホームページ
★新宿おかあさん店長のブログ
★新宿スタッフAのブログ
★シャチョブログはコチラ

★横浜おかあさんホームページ
★横浜おかあさん店長のブログ